本文へジャンプ

蚊媒介感染症・ダニ媒介感染症

蚊・ダニが媒介する感染症

日本脳炎、デング熱、ジカウイルス感染症、チクングニア熱 など
ダニ 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)、ダニ媒介脳炎、日本紅斑熱、ツツガムシ病 など

 蚊・ダニは春から秋にかけて活動が盛んになります。農作業やキャンプなど、野外で作業する際は注意しましょう。

【 対策のポイント 】

○肌の露出を少なくする(長袖・長ズボンを着用し、サンダルは避ける)

○明るい色の服を着る

○虫よけ剤を使用する

*ダニ対策として、帽子・手袋を着用し、首にタオルを巻くこと。シャツの裾はズボンの中に、ズボンの裾は靴下や長靴の中に入れることが有効ですが、熱中症には十分注意してください。

 

蚊の発生を減らすために

・蚊の発生を減らすため、定期的に周辺の水たまりの除去・清掃をしましょう。植木鉢の皿や排水溝など、水たまりがないかチェックし、清潔に保ちましょう。

・敷地内の下草を刈るなど、蚊が潜む場所をなくしましょう。

ダニに咬まれてしまったら

無理に引き抜こうとせず、皮膚科など医療機関で処置をしてもらいましょう。数週間程度は体調の変化に注意し、発熱などの症状が出た場合は、速やかに医療機関で受診しましょう。


このページに関するお問い合わせ先

五泉市役所 健康福祉課
〒959-1692 新潟県五泉市太田1094番地1
TEL : 0250-43-3911 FAX : 0250-43-0417