本文へジャンプ
五泉市トップページ  くらしの情報  医療・健康診断・予防接種について  ジェネリック医薬品(後発医薬品)をご存知ですか?

ジェネリック医薬品(後発医薬品)をご存知ですか?

「ジェネリック医薬品」(後発医薬品)とは?

「ジェネリック医薬品」とは?

医療機関で医師から処方され、保険薬局(または医療機関)で受取る薬(医療用医薬品)には、先発医薬品とジェネリック医薬品の2種類があります。
先発医薬品とは、医薬品メーカーが初めて作る薬のことで、新薬ともいいます。
それに対してジェネリック医薬品は、先発医薬品(新薬)の特許期間終了後、薬事法に基づき先発医薬品(新薬)とほぼ同じ有効成分・効き目で製造販売される安価な薬で、後発医薬品ともいいます。

「ジェネリック医薬品」は安心なのですか?

ジェネリック医薬品は、先発医薬品と同様に様々な基準を守って製造されています。
ジェネリック医薬品の品質・有効性・安全性については、厚生労働省で審査されております。
服用にあたってご心配なことがあれば、お医者さん、薬剤師さんにご相談してみてください。
 


「ジェネリック医薬品」に切り替えると…

ジェネリック医薬品は先発医薬品(新薬)よりも安価であり、切り替えることによって、医薬品分の医療費が減少することになりますので、加入者のお薬代負担(3割など)と保険者(五泉市国民健康保険など)の負担(7割など)が軽減されます。
特に、高血圧や糖尿病といった生活習慣病などで長期間の服薬が必要な場合に先発医薬品(新薬)から「ジェネリック医薬品」に切り替えると、医療費が長期的に大きく減少することを期待して、利用促進を行っています。
 

すべての薬に「ジェネリック医薬品」がある?

先発医薬品によっては、ジェネリック医薬品が発売されてないものがあります。また、病気や体質により先発医薬品(新薬)からジェネリック医薬品に変更できないことがあります。

 

どうすれば「ジェネリック医薬品」に切り替えができる?

ジェネリック医薬品への切り替えにあたっては、必ず医師・薬剤師へ相談のうえ、行ってください。「ジェネリック医薬品希望カード」を医療機関や保険薬局で見せると、簡単に相談できます(カードがなくても相談することができます。)。

 


「ジェネリック医薬品」について、詳しく知りたい…

ジェネリック医薬品について不明な点については、こちらへお問い合わせください。
 
 社団法人新潟県薬剤師会
 ・ホームページhttp://www.niiyaku.or.jp/
 ・電話によるお問い合わせ(お薬相談窓口)
  025-281-7730
  月曜日~金曜日(祝祭日、年末年始を除く)9時~12時、13時~17時
  フリーダイヤル  0120-893-193(※新潟県内のみ通話可能)
      月曜日~金曜日(祝祭日、年末年始を除く)9時~12時、13時~17時
 
 

関連リンク


このページに関するお問い合わせ先

五泉市役所 健康福祉課
〒959-1692 新潟県五泉市太田1094番地1
TEL : 0250-43-3911 FAX : 0250-43-0417

五泉市村松支所 地域振興課
〒959-1705 新潟県五泉市村松乙130番地1
TEL : 0250-58-7181 FAX : 0250-58-8554